増税決断時

Posted on 7月 29th, 2014 7月 29th, 2014 by 中華蕎麦

東京オリンピック開催のために本腰を入れて、アカパージに向かうだろうがなwww
今回の増税を決める=戦後レジーム継続を意味するわけですね。。。

というのを考えたら、安倍さんの取る道はひとつだけで、8%の増税を見送ることだけです。
来年の経済状況をみて消費税10%にするという時間稼ぎでも、その間にプライマリバランス改善の道筋があれば、増税の必要性がなくなるわけです。
2014年の増税が見送られれば、次の増税決断時に木下財務事務次官は来年の人事で事務次官ではいられないことだけは確実です。
因みに財務省人事では、次の事務次官は主計局長から選出されるわけで、今の主計局長はどちらかといえば反増税派みたいだし、木下財務事務次官の時に増税を決断しなければ、増税に対する状況はかなり改善します。
今の時期に反増税で動けば財務省に潰されるわけで、安倍さんの決断一つで変わる状況からしても、他の要因はノイズでしかないわけです。

Tags
Categories 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “増税決断時”

Comments are closed.