賛否両論ある

Posted on 10月 5th, 2014 10月 5th, 2014 by 中華蕎麦

数年前からやってる手法を今頃「絶賛」するなんて… 更にその「絶賛」の評価基準が「低予算」だというのだから、何をかいわんやである。

お前らはもう「作り手」ではない。ましてや「ジャーナリズム」などを語るのは論外の存在である。 ただの守銭奴である。金銭欲にまみれた醜悪な餓鬼である。 クロサワはロケの邪魔になるから電子柱を切れと言ったそうである。
電車の車窓から映る絵が気にくわないから家を壊せと言ったそうである。 現場の苦労はいくばくか。
こうした制作態度には賛否両論あるだろうが、少なくともクロサワの姿勢には経済原理はない。「いい作品を作りたい」その一心である。
それでも「ヒット作品」が出来るとは限らない。どんなにマーケティング手法が進化しようが、メディアが多様化しようが、ヒットの原理は変わらないのである。 それは「予測しようがない」のである。現在のハリウッドでさえ、確実にヒット作を生む方程式は持っていない。

Tags
Categories 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “賛否両論ある”

Comments are closed.