共同体的

Posted on 10月 27th, 2014 10月 27th, 2014 by 中華蕎麦

人間との棲み分け・共生の手段を模索するシーザーの対話路線に反旗を翻したナンバー2のコバは、サルの世界に初めて『政治闘争・クーデター・仲間殺し(相互不信)』を持ち込む

存在として描かれる。 シーザーの組織したサルの牧歌的な共同体は、シーザーを家長とする巨大な家族のようなものであり、シーザーはその道徳性・実力・実績に基づくリー ダーではあったが、蟹 通販 おすすめいわゆる他の個体を支配する政治家・権力者ではなかったし、下位の個体の悪事を裁く者(処罰する者)でもなかった・・・・・・・・・。
シーザーが制定した唯一の法は、漢の高祖劉邦の法三章よりもシンプルなもので、『サルはサルを殺さない』という擬似家族の仲間関係と共同体的な支 え合いを維持するルールだけであった。しかもその決まりを破ったサルはおらず、多少の喧嘩や感情的な争いがあってもシーザーの調停・説諭によって全ての争 いは殺害に至る前に和解に導かれた。

Tags
Categories 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “共同体的”

Comments are closed.