近未来的

Posted on 11月 28th, 2014 11月 28th, 2014 by 中華蕎麦

特に天井が透明になって空を見ながら飛行機に乗れるとは夢のようです。でも、2050年ですか....。
がんばって長生きしましょう。

現行機種の減価償却が開発・発売を遅らせているのですね。うーん、39年待てないなぁ。因みにドリームライナーのコックピットは可也近未来的です。
どことなく子供の頃に観たSF映画に出てくる宇宙船のコックピットを彷彿させます。 スタジオジブリは終わった。ジブリ作品は医師の夫大好きで全作品見ています。が、ここ数作は疑問符のつく作品ばかり、そしてとうとう宮崎吾朗の再起用という、絶対にやってはいけないことをやってしまった時点で、スタジオジブリは終わった、と感じています。 大手の全面バックアップで表面的には成功したように喧伝されている吾朗氏のデビュー作「ゲド戦記」。 然しあの作品の「酷さ」は、多くの方が語られている通りです。
「ゲド戦記」の問題点を以下に列記させて頂きます(ネタバレを含みます)。

Tags
Categories 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “近未来的”

Comments are closed.