開発したアメリカ

Posted on 12月 7th, 2014 12月 7th, 2014 by 中華蕎麦

今後は、ポルポトのように次から次へと腹心を殺していくかもしれません。
ところが、北朝鮮が核をにぎっているかぎり、手出しができない。

拱手傍観するしかない…ということです。 だから、核を開発したアメリカにも責任があります。いや、アメリカだけではなく、失敗したものの、事故車処分ナチスドイツも開発していました。 今の時代に、侵略戦争は起きません。 たとえば、中国は日本に対して全面戦争はできないでしょう。
国連憲章に違反します。また、経済の依存度が高いから、戦時好況はあったとしても、互いに経済はダメージを受けます。金と宝石と奴隷を求める古代や中世の戦争には、メリットがありますが、現代の戦争は、? です。
だから、核兵器は、身を守るためのものというより、世界を停滞させて悪を温存するためのものになりつつあります。 それにしても、「責任」の所在ということを、より、クリアーに考えなければならない時代に来ていると思われます。

Tags
Categories 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “開発したアメリカ”

Comments are closed.