三国志も楽しかったんですが

Posted on 12月 18th, 2014 12月 18th, 2014 by 中華蕎麦

吉川英治の宮本武蔵は小学校の頃にちょっと読んでいましたが、隣に置いてあった吉川英治の三国志に手を出してハマってしまい、読む機会無くしました(笑

多分子供が大きくなるか、退職するまで読めません。
いろいろ引用して教えて下さいね。
三国志も楽しかったんですが、同じ人間が何度も蘇ったり変な所があったのが印象的でした。

吉川英治の劉備と曹操の書き方も不倫調査の大分皇室に対する敬慕が当たり前だった時代にかかれたので、現在の三国志と微妙に違う書き方にもなっています。
また多忙は時間さえ麻痺させて、絶えず強迫観念で追われる精神状態を作る。
私も経験上大晦日にまだ夏服だったと気付いたことがあり、日常が見えなくなる。
もうこれはブラックだ。

地味ではあるが、個人の熟練度がチームで要求されるような職種に就く方がブラックは少ない。
社長や企業CMが多く、何かといえば社長個人がカリスマでTVに出てくる会社は問題が多い。

学生はアホだから、CMや看板の多い企業へ行きたがるが、自らブラックを求めているから、経営者を増長させるのだ。
カモがネギを背負ってくるようなものなのだ。
入社してもすぐかっこよく自分で仕事ができるよう見せたいため、スキルを習得するべき先輩や得意先からの長い指導に耐えようとしない。職場で一人前になるには、10年は最低でも必要だが、その辛抱ができない。だからブラック企業にはそういう風潮は追い風なのだ。お前はうちに向いていない、この仕事に向いていないと攻め立てれば、本人は簡単にそうかもーなどと墜ちる。

電車で移動、病院の待ち時間等でなるべく多く読んで引用をしてみたいと思います。と言っている人がいます。

その人は勿論、野球なんかやった事ありません。

そんな人がプロ野球チームの監督になったとします。

このチームがどういう結末を迎えるか想像出来ますね。

この監督と野球チームの関係が鳩山総理と自衛隊の関係です。

自衛隊が気の毒ですよ。

何も知らない人間がトップになるわけですからね。

気の毒としか言いようがないです。

フロントが馬鹿で野球が出来るかといって野球を辞めた選手がいましたが、自衛隊もそんな気持ちでしょう。

経済も音痴、国防も素人、鳩山総理…総理の資格なしです。

Tags
Categories 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

No Responses to “三国志も楽しかったんですが”

Comments are closed.